内科的歯科診療について/小田原市、飯泉の歯医者。虫歯、歯周病、インプラント、矯正歯科、審美歯科など歯の治療は慶歯科医院まで。

HOME > 内科的歯科診療について

内科的歯科診療について

歯周病治療

歯周病は歯を支える歯肉や歯槽骨の組織をじわじわと破壊する病気です。以下のような症状があらわれます。

  • 歯がむずかゆい感じがする
  • 歯と歯肉の接しているところが赤く腫れる
  • 歯を磨いた時に出血がみられる
  • 歯肉から膿が出る
  • 口臭が気になる
  • 唾液がネバネバする
  • 朝起きたときに口の中が気持ち悪い
  • 食べ物がかみづらくなる

歯周病は感染症です

口の中は細菌がいっぱいです。歯磨きが正しく行われず、食べかすが残っていると細菌はこれをエサに増殖しプラークと呼ばれる菌の塊をつくります。このプラークが歯肉や歯を支える歯槽骨、セメント質、歯根膜などに炎症を起こします。
この細菌因子に喫煙などの環境因子、病気(糖尿病など)、かみ合わせなどが絡み合って悪化します。

歯周病の治療

初期の段階であれば歯磨きでプラークを取り除き、歯科医師や歯科衛生士に歯石を除去してもらうことで治っていきます。しかし、放置すると歯周ポケットはますます深くなり、歯を支える歯槽骨が溶け始め歯周病となります。炎症が歯槽骨に達した段階でも痛みを感じないのがほとんどで、気が付くと歯槽骨の破壊が進んで歯がグラグラということもあります。
従って、歯周病の治療は「早期発見・早期治療」が不可欠です。ます、綿密な診察を行って病気の実態を調べ、原因を明確にした後、治療に移ります。治療の内容は症状や進行の程度により決められますが、通常次のような治療が行われます。

  1. プラークコントロール
  2. 局所への薬物療法
  3. スケーリング(歯石の除去及び病的歯根面の清掃)
  4. 歯周ポケット掻爬
  5. 歯周外科手術(重度の場合)
  6. 保存不可能な歯は抜歯し、義歯などを入れる

いびきや歯ぎしりでお悩みの方へ

いびきは、睡眠中に気道(鼻や喉)を呼吸の空気が通過するときに、何らかの原因で気道が狭くなって発生します。お酒を飲んだ時などの寝入りばなにかく一時的ないびきは心配ありませんが、ベッドパートナーの睡眠を妨げるような大きないびきは医学的に治療が必要です。歯ぎしりは、歯の不正咬合いや精神的ストレスからくる上下の歯をギリギリ擦り合わせたり、歯を力いっぱいくいしばったり、上下の歯をカツカツと軽く噛み合せたり、いびき同様にベッドパートナーに嫌がられる悪い癖です。しかしベッドパートナーから文句を言われても自分自身ではどうすることもできません。いびき・歯ぎしりは、専門医による正しい診断、適切な治療で悩み、苦しみから解放されます。当クリニックの専門外来をお気軽に受診下さい

怖い睡眠時無呼吸症候群

睡眠中に、気道の咽喉部が完全に塞がってしまうと、呼吸が一時的に停止します。そして窒息状態になります。この無呼吸が原因で深い眠りが得られず、目覚めがスッキリせず体がだるかったり、昼間に強い眠気が襲ったりします。また、無呼吸が1時間に20回以上に達するような中症から重症になると心筋梗塞や脳卒中を引き起こしたり、高血圧、糖尿病の原因になります。このような危険な睡眠時無呼吸症候群は大いびきをかく人の7割にみられると言われています。当クリニックの専門外来をお気軽に受診下さい。

こんな人たちに多い、いびきと睡眠時無呼吸症候群

  • 太っている(首が太くて短い)
  • あごが小さい
  • 舌や軟口蓋(咽喉の奥の肉ひだ)が肥大している

いびき・歯ぎしり・睡眠時無呼吸症候群の治療

当院では、患者さんに負荷のかからない口腔装置治療を実施しております。口腔装置治療とは、下顎を前方に突き出した形態のマウスピースを装着して寝ることにより気道を拡げ、いびきや無呼吸を軽減します。また、歯ぎしりにも同様に歯を守るためのマウスピース(ナイトガード)が効果を発揮します。尚、口腔装置治療は睡眠検査施設で終夜睡眠検査を受けてマウスピース適応と診断された場合にのみ適応となります。